simple

死ぬときにいい人生だったといいたい!

うつ

 

前職でつらかったとき

 

毎日泣いていました

しかも声をあげて。布団の中で電気もつけずに

 

人と話すことがしんどくなりました

 

笑えなくなりました

 

仕事前もついには仕事中にも涙が出てくる

 

気持ち悪くなる

 

おかしいなーと思いつつも仕事を休むわけにはいかない

休む理由がないから。

学生時代もそうだった いやだいやだといいつつ皆勤。(笑)

 

 

大丈夫かと心配されたいろんな人に。

いいからほっとけ と何度も思った。

 

体がだるくてうごかない

 

彼氏にもあたってしまう「ほっといてよ」と言ってしまった

病院いってみたらと言ってくれたから

しばらくして意を決して心療内科に行った

 

木の絵を書かされ、質問をされ、詳しく話をきかれる

「死にたくなりますか?」

「まぁ、、そう思うことも、ありますけど、、」

みたいな もう話すのもしんどい

 

 

抑うつですねといわれた

 

なぜこうなったのか、、これからどうしよう

ほんとに情けないなあ

と思いましたが、これで仕事休める。解放される。と少し安心もした

 

上司にはなしをして数日休みをもらった

 

もう会社を辞めることしかあたまになかった

休んで戻れてもまた同じことの繰り返し、、

 

重い足取りで会社に行き、話をしにいった

 

会社をみるのも怖かった息苦しくなった

あとで病院の先生に言われましたが、会社を怖いものとして脳が覚えてしまって

そういう症状が出てしまうらしいです

 

泣きながら話すわたしの姿みて多分上司は呆れたやろうな

以前、「お前が自分のとこにいるのが誇りだ」とまで言って下さってたから

呆れてる感じとかもすっごいこわかった

 

 

 

 

休んでる間は先輩とかが気にかけてくださった

でも正直誰にも会いたくなかった

 

挨拶もそこそこにわたしは会社をやめました

 

 

新しい仕事をはじめて全くうつの症状なんかでなくて

ほんまはあれはうつじゃなかったと自分では思っている

自分で病院行く時点で大丈夫やろ思ってたし

 

だからこそなんかしんどいふりしてたんかなとか

責任ない行動してしまったなとか

周りに迷惑かけたなとか思ってしまう

 

そして最近また気持ちが落ちてます

 

仕事は充実してるはずやねんけど、、

 

泣いてしまう時もあるし体がだるいときもあって

 

自律神経が乱れやすいんやとおもいます

どうにかリフレッシュできる方法をみつけていきたいです

 

 

 

でも言えるのは つらい気持ちって自分にしかわからない

もう無理。のレベルも人によってちがう

だからわたしも誰かがしんどそうなとき

無理しないでってまず言うようになりました、、

ここが踏ん張りどころ!とか前は言ってた気がします。

 

あとまわりのひとにどれだけ助けられたか

 

とくにずっとそばにいてくれた彼氏には感謝しかないです

 

 

 

 

なぜか最近その当時のことを思い出したので記しておきました

 

 

 

ふー。頑張りすぎるのはやめた

ニュートラルで生きたいです